施設の顔から法人の顔へ!

永寿荘で働く先輩のインタビュー

保泉 春香

施設の顔から法人の顔へ!

保泉 春香

出身大学◆文京学院大学人間福祉学部

2013年 社会福祉法人永寿荘入社

 

永寿荘を選んだきっかけは?

実は、扇の森からほど近い高校に通っていて、夏祭りのボランティアで来たことがあったんです。

その時、職員さんの明るさ、活き活きした姿をみていて、「私もこんなところで働きたい!」と思っていたのがきっかけでした。

就職活動が始まって、実際に職場見学に行った時も、やっぱり前の印象と変わらず明るい雰囲気で、

職員さんの振る舞い一つ一つに温かさを感じました。そして何より、お年寄りの笑顔が多い!

「ここで働けば自分も先輩たちみたいに変われるんじゃないかな」と思い、入社を決めました。

 

今はどんな仕事をしていますか?

入社2年目の4月から生活相談員に異動となり、ご入居者様と他サービスを繋ぐ調整や施設入居までの調整、ご家族様への連絡等の業務を行っています。

 

今後の目標は?

生活相談員は、施設の「顔」だと思っています。

扇の森の入居を考えたときに、一番初めに会うのが私です。

今は「扇の森の顔」として誇りを持って働いていますが、その垣根を越えて、

「永寿荘の顔」になっていきたいです!

先輩からの就職活動アドバイス

WEB上で会社を探すよりも、まずは実際に働く先輩たちに会いに行くことが大切です。

私が感じた「感動」を、皆さんにも体感してほしい!扇の森で、皆さんをお会いできるのをお待ちしております!!

  • 介護スタッフ 正社員
  • 保育士 正社員
  • 総合職

トップに戻る ▲

©Copyright 社会福祉法人永寿荘 All rights reserved.