「何を大切にするか」を考えて

永寿荘で働く先輩のインタビュー

道下 友貴

「何を大切にするか」を考えて

道下 友貴

日本大学生物資源科学部を卒業後、2015年4月に新卒新入職員として入職。

バレーボール、水泳、自転車など、学生のころから運動が大好きな道下さん。

今後のビジョンは、介護予防のサービスに携わり、運動の力で元気なお年寄りを一人でも増やしていくことが目標だそう。

なぜ福祉業界を目指したのですか?

就職活動中は、「人と関わる仕事」を主に見ていました。

介護、という仕事にこだわっていた訳ではなく、子どもたちと関わる仕事にも興味があったので

保育園と隣接して関わりが持てる永寿荘はとても魅力的でした。

また、「福祉業界は大変だよ」と周りからも言われていましたが、あえて挑戦してみたい気持ちもあり

選考を受けました。

入職して一番嬉しかったことは?

昨年、夏祭りで踊った「ソーラン節」ですね。

仕事終わりに先輩や同期と一緒に練習して、大変は大変でしたが、

本番で踊ったあと、たくさんのお年寄りが笑顔になってくれたのと

職員同士も絆が深まったのを感じ、とても嬉しかったです。

先輩からの就職活動アドバイス

何大切にするかをきちんと明確にし、色々な会社を見て選んでほしいです。

人生一度きりの新卒の就職活動、後悔しないように頑張ってください。

 

  • 介護スタッフ 正社員
  • 保育士 正社員
  • 総合職

トップに戻る ▲

©Copyright 社会福祉法人永寿荘 All rights reserved.